メルセデスのある暮らし
「プレシャスタイム・プラス」

極上のライフスタイルをキュレートするメディア上品倶楽部のご紹介

「上品な暮らし」を求める方々に極上のライフスタイルをキュレートするコミュニティメディア「上品倶楽部」。
3月1日にWEB版がリリースとなった2022年春号には、メルセデス・ベンツ中野の協力企画、「春の海をのぞむ房総半島ドライブ」が掲載されています。

密を避けて出かける海景をたのしむ旅

都心から海をのぞみながらドライブを楽しめる南房総のルートをたどります。房総半島の最南端に立つ野島崎灯台、都市交流施設・道の駅 保田小学校、海辺のコンドミニアム「amane(アマネ)」などのスポットについてご紹介しています。

数々の美術品を守り続ける風格のある美術館「大倉集古館」

The Okura Tokyo(旧:ホテルオークラ東京)に隣接する私立美術館「大倉集古館」。明治から幾多の変遷を遂げながら、激動の時代を乗り越えたその歴史と、美しく荘厳な施設の建築について紹介しています。


上質な暮らしに寄り添う、厳選された良い物だけを取り扱う「上品倶楽部オンラインショップ」

上品倶楽部オンラインショップでは、ここでしか買うことのできない上質なコラボレート商品を取り扱っています。

素材の滋味あふれる美味しいギフトセット

料理人樋口陽子さんが主催する東和ソレイユと上品倶楽部のコラボレーション商品。季節の野菜ポタージュ、豚と白インゲン豆のトマト煮、キーマカレーなど、素材のおいしさを生かした栄養いっぱいのごちそうディナーセットと、世界的に有名なジャム作りの名人クリスティーヌ・フェルベールの元で修行した樋口さんがつくった特製コンフィチュールと発酵バターのケーキなどのティータイムセットの2種類です。

食卓に輝く太陽のようなお皿 – Sunshine Drape(サンシャインドレープ) –

上品倶楽部と、日本各地の様々な作り手がコラボレーションしたオリジナルアイテムの第一弾。福岡県朝倉郡東峰村で古くから作られてきた「小石原焼」の器です。小石原焼は、民藝運動で知られる柳宗悦やイギリスの陶芸家バーナード・リーチらも絶賛したといわれる、刷毛目、飛び鉋、櫛描き、指描き、流し掛け、打ち掛けなどによって表現される文様が特徴的で、手にしたときの温かみを感じる風合いが日常使いの器として幅広い年代の方に愛されています。
上品倶楽部はこの小石原の「早川窯」さんのロングセラーで人気のシリーズ「Drape(ドレープ)」とコラボさせていただきました。「早川窯」のドレープシリーズは、刷毛目が真ん中まで繋がっていますが、上品倶楽部とのコラボレーションでは中央部分に丸く釉薬をつけていただくことにしました。太陽から光があふれる様子をイメージして、使う人の食卓がパッと明るくなるように、という願いも込めています。
丈夫で扱いやすく、長く日常遣いしていただけるように、「早川窯」さんと共同開発しました。

オンラインショップはこちら

上品倶楽部 最新号(WEB版)のご案内

「上品な暮らし」を求める方々に極上のライフスタイルをキュレートするコミュニティメディア「上品倶楽部」。
3月1日にWEB版がリリースとなった2022年春号には、メルセデス・ベンツ中野の協力企画、「春の海をのぞむ房総半島ドライブ」が掲載されています。

2022年春号
2022年3月1日リリース

■ 目次

春の海をのぞむ 房総半島ドライブ
大倉集古館を訪ねて
私の本棚からvol.21
春の花あしらい
上品倶楽部のサイトへ